≪ 2013 05   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2013 07 ≫
*admin*entry*file*plugin
2013年06月の記事一覧

命って 




不謹慎な言い方なのは重々承知の上で言わせてもらうと…



「呆気ないなあ」


母の時も思ったのですが、
昨日もそう思ってしまう出来事がありました。

会社で机を並べる程ではないけれど、
何かある度に顔を出してくれていた他部署の男性社員さんが亡くなったと
昨日、上司から聞かされました。
死因は急性の病死でした。
37歳…あまりにも早過ぎる死。
私は最近会ってはいなかったけれど、
打ち合わせで金曜日に会った人達は口々に「元気だったのに」と言っていました。

週末にお隣の県にいるお友達の所に行って、
「頭が痛い」と言いだして救急車で病院へ。
その後、心肺停止状態になり、
一時は心臓が動いたのも束の間。
そのまま帰らぬ人となったそうです。



生前、仕事で関わっていた時には正直あまりいい印象ではなかったけれど、
仕事柄、社内では殆どの人が知っているくらいの人で、
増してや突然の死だったものだから周囲の人達の狼狽ぶりはハンパじゃなかったです。
いつも陽気な人で、
今でもひょっこり顔を出しそうな感じなんだけど、
もういないなんて…信じられません。
きっと本人も訳が分からないんじゃないかな?


1人の人が亡くなるという事は一つの喪失だけれど、
その人と関わっていた人達の心の中にいると考えると
何十、何百、何千という喪失になるんですよね。




明日も、
明後日も、
梅雨とは思えない程の良いお天気だそうです。
少しでもご遺族の御心が慰められます様に。








スポンサーサイト
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

頼子

Author:頼子
富士山のお膝元に住むおひとりさま女子(アラフィフ)です。

QR